Lanmodo
記事
カテゴリー
車載用ナイトビジョンシステムの比較:ビルトイン型 VS 外付けタイプ
第2次世界大戦中に暗視システム(NVS)が活用されたことは、有名な話ですよね.この技術は自動車産業に受け継がれ、2000年、初の車載用ナイトビジョンシステムがGM社により開発されました.開発当初はキャデラックのような高級車に搭載する形でした.その後、ドイツ大手のBMWとメルセデスベンツが後を追うように続いています. つい最近まで、NVSは高級車用のものいう認識がありましたが、近年では低価格の車を持つ人も便利に使えるようになったため、クオリティの高い外付けタイプのNVSが続々と開発されています.その中でも、一際、多くの人に愛用されている外付けタイプのNVSはLanmodoナイトビジョンシステムです.この記事では、ビルトイン型のナイトビジョンと外付けタイプのものについて、どのような違いがあるか分かりやすいように比較しました.まずはその前に、ナイトビジョンがどれほど役立つかについて紹介します. 車載用ナイトビジョンのメリット NVSには多くのメリットがあります.ビルトインにしろ外付けタイプにしろ、一度使ってみれば、それがどれだけ役に立つかすぐに分かります. ヘッドライトを使うより便利 夜、運転中、ロービームやハイビームを使っても、前方に何があるかよく見ることができないときはありませんか.ロービームで運転していると急な曲がり角がよく見えず、判断が遅れてしまう場合があります.ハイビームを使うと明るさに目が慣れるまでに時間がかかり、前のクルマに気付かない時があります.車両を見落とし事故を引き起こしかねない、危険な状態です.このような場合、NVSは前方の車両を非常にはっきりとクリアに映し出すので、事故を未然に防ぐことができるのです. ...
なぜナイトビジョンシステムは必要なのか?
前方がよく見えない夜間に運転したことがありますか.もしあれば、夜間の運転がいかに難しいかはよくご存知でしょう.前もって歩行者や障害物を見定めることができないかもしれません.前方にある急カーブを見逃すかもしれません.暗闇の中で運転することは、単に不安というだけではなく、非常に危険になります. 高度な技術のおかげで、幸いにもこれらの問題は今ではもう過去のことです.エンジニアのイノベーション精神によって、夜間運転用に車に取り付けることができる便利な車載用ナイトビジョンシステム(NVS) がもたらされました. 車載用ナイトビジョンシステムとは? 暗くて見えにくいときは、NVSが大いに役に立ちます.サーモグラフィックカメラを使用してヘッドライトの照射範囲より更に視界を広げる装置です....
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.