Lanmodo
記事
カテゴリー
若年運転者が犯しやすい5つの間違い
運転の仕方を学ぶことは難しいことではありませんが、道路に出たときに必ず覚えておかなければならないことがいくつかあります.ハンドルの加減やアクセルの踏み方を知っていても、熟練ドライバーにはなれません.初心者ドライバーの多くは、ここで紹介する5つの間違いをよくしがちです.運転と安全の間違いをしないように、5つの間違いとそれらの防ぎ方をご紹介します. ...
休日の駐車ストレス:軽減させるための7つのコツ
休日は愛する人や家族とリラックスして時間を過ごすのに最適です.中には買い物へ行ったり、映画や劇を見に行く人も多いでしょう.しかし休日や祝日はどこに行くにしても1つの問題がつきまといます.それは駐車スペースを見つけることです.休日の駐車場は大抵込み合っており、1台分の駐車スペースを見つけるだけのために何時間もかかりこともあります.そのうちイライラした雰囲気になって、せっかくのお出かけが台無しにしまいます.そんなことがあると、休日は外へ出かけて不必要な駐車のストレスを感じるより、家の中にいるほうがいいと思ってしまう人もいるでしょう.しかし実はある簡単なステップを踏めば、休日のお買い物の駐車ストレスを簡単に軽減させることができるのです. ...
猛暑の中でも、車内を涼しく保つには?
季節ごとに、それぞれ良いところと悪いところとがあります.でも夏でもっとも嫌なところは、灼熱の太陽から降り注ぐ日差しにより、日中耐えられないほどの暑さに見舞われることです.暑い夏の日は、まるで地球全体がオーブンの中で焼かれているかのようです.暑い車内で過ごすなんて考えられませんが、毎朝出勤するためには、車に乗り込まないわけにはいきません.特に猛暑の際は、車内を涼しく保ちたいですよね?そこで、いくつかできる暑さ対策がありますので紹介します.車内を涼しく保つ秘訣を教えます. 携帯可能なカーキャノピーをゲットする:すぐに車内が暑くなるような日に外に駐車しなければいけないときは、ポータブルカーキャノピーを手にいれることをお勧めします.どうしてポータブルカーキャノピーなの?と不思議に思いますか.なぜなら、携帯可能なカーキャノピーがあれば、一緒に持ち運べるので、いつでもどこでもクルマを保護することができます.この製品は多くのメーカーから製造されています.その中でもLanmodoポータブルカーキャノピーは、使用されている素材と構造によって車内を涼しく保つための高い機能を持っています.クルマ全体にさすことのできる大きな傘のようなものです.Lanmodoキャノピーの屋根の部分は、3層のPUシルバーコーティングがされたオックスフォード布で作られています.紫外線など直射日光が直接クルマに当たらないので、クルマの外側も内側も両方涼しく保つことができるので、車内にいる人にとっては快適に感じます. 濡れた布をクルマ中央にある通気口に干す:バッテリーを無駄に消耗しないためには、ファンを利用するべきです.濡れた布をかけておくと、そこから流れてくる空気は、ずっと涼しく感じます.すぐに取り替えられるように、クルマの中にいくつか濡れた布を用意しておくと良いでしょう. 水が入ったボトルを凍らせておく>:あらかじめ家の中で水が入ったペットボトルを凍らせておきましょう.クルマに乗る際に持って出かければ、暑い中、仕事場などに行く道中に体を冷やすことができます.あるとないとでは涼しさが随分違います. ダッシュボードマットを使う:ダッシュボードは、電気配線などもあるため、一番、熱くなりやすいところです.せめて太陽からの熱を避けるためにダッシュボードマットを使用しましょう....
木の下に長時間クルマを駐車してはいけない理由は?
今や、クルマは誰もが手に入れられるようになり、多くの人が利用しています.そのため、建物がひしめく都会においては、駐車をめぐる問題が大きくなっています.都市部に暮らしていれば、誰でも駐車スペースを確保するのに苦労しているでしょう.その結果、直射日光が当たらない木の下に駐車する人もいます.ですが、この木の下に駐車するという行為そのものが、大きな被害をもたらす原因となるのです.下記に詳しく紹介します. ...
クルマの水垢を防ぐにはどうすればいい?
水垢が傷のように見えることはありますか? 運転中、視界の妨げになることはありませんか? なかなか落ちなくて、頑固ではありませんか? 大丈夫です、質問に全て「はい」と答えたのはあなただけではありません.実際、多くのドライバーがこういった水跡にうんざりしています.自家用車を持つということは、それなりの投資であり、生活水準も上がります!ですが、あなたのクルマが汚れているのを見たら、他の人はどう思うでしょうか.基本的なメンテナンスもできない、怠慢なドライバーだと思うのではないでしょうか.水垢が消えないからといって、ゴシゴシ擦って磨くと余計に悪化します!...
愛車を鳥のフンから守る
想像できますか.せっかくお金と時間をかけてガソリンスタンドで洗車したのに、それからひと月も経たないうち、家に帰ってきた瞬間ペチャっという音と共にボンネットに鳥のフンが.近くに木があり屋根のない車庫に駐車していると、戻ったときにクルマにたくさん模様がついていることがあります.恐ろしいですよね.でも、実際、よくあることです.皮肉なことに、鳥の数が減少している都市部ほど、よく起こります.田舎にも鳥はいるものの、汚されるクルマ自体が少ないのです. 都会に住んでいると、鳥を見上げて眺めるような機会はほとんどありません.ですが、鳥の落し物には気をつける必要があります.鳥のフンによって車の塗装がダメージを受けないように、自分でできる確かな予防策があります.でもちょっとその前に、まず、鳥の排泄物が何故そんなにクルマにとって悪いのか、そのことについて見ていきましょう. 何故、鳥のフンは危険なのか? 鳥の排泄物がクルマのボディにつくと、見た感じが汚ならしい、といったことは否めませんが、実はもう1つ、危険なことがあります.鳥の排泄物には高濃度の尿酸が含まれていて、尿酸、つまりは非常に濃い酸性物質が含まれているのです.酸は、クルマに施されているあらゆる塗装コーティングをも溶かしてしまう性質を持っています.時には、クルマの金属部分にまで及ぶことがあります.それも1時間かからないうちにです.しかも鳥は、消化を助けるために砂利を食べる習慣があります. けれども、食べた砂利は消化されずにフンと一緒に排出されます.ですから汚れを落とそうとした時に、クルマの塗装を傷つけてしまったり、永遠に残るような跡をつけてしまったりする恐れがあるのです.常に愛車に鳥のフンが落とされないよう、いつも気をつけていることはできませんが、もしそういった事態に遭遇してしまったら、慎重に、且つ直ちに洗い落としてください.結局は特別な保護カバーの存在に勝るものはありませんが. どうやって鳥のフンから愛車を守る? 鳥のフンは塗装に害を及ぼすので、クルマを守る確かな予防策を講じる必要があります. 木のそばを避ける—クルマを駐車する際は、木の下に駐車しないよう気をつけましょう.鳥はたいがい、枝の上にとまって用を足します.ですから、駐車時は木のそばを避けることが賢明です. ...
有害な紫外線からクルマを保護するには?
自分の愛車を最高の状態に保つためなら、できることは何でもしたいですよね.ほとんどの人に当てはまるのは、UV対策ではないでしょうか.日当たりの強い場所に住んでいる人なら、クルマがいかに紫外線からダメージを受けるかはよくご存知ですよね.人体が受けるUVダメージと同様に、クルマのボディもダメージを受けます.クルマを紫外線から保護する方法はいくつかありますが、その中でも最善の対策について、下記に紹介します. ...
クルマを購入したら絶対にやるべきこと
マイカーを手に入れる、つまりクルマを購入することは、言うほど簡単なことではありません.比較的リーゾナブルなクルマもありますが、大金を積まないと手に入らないものもあります.安価なものにしろ高額なものにしろ、支払いを済ませただけでは終わらないのがクルマです.せっかく手にした自分のクルマをないがしろにしたり、または必要最低限のことしかしない、といった罪深い人がたくさんいます.その一方で、新しい愛車を本当にケアしたいと思っていても、どうしたら良いのかよく分からない、といった人もいるのが事実です. ...
真夏に起きるクルマのトラブルとその対処法
夏はもう、すぐそこまで来ています!そんな今だからこそ、クルマの手入れについて考えてみませんか.きちんと対策をすれば走りも快適で、焼けるような日差しで内装をダメにすることもありません.猛暑からクルマを守り、快適に走り続けるためのコツを教えます.夏はどのようなケアが大切か、その正しい保護対策を下記に5つ紹介します.あなたのクルマに本当に役立つ情報をお届けします. ...
クルマの安全について、正しい知識を持っていますか?
クルマの安全については、クルマを持っている人なら誰でも、できる限りの対策を考えていますよね.ではもし「クルマの安全って何が大切なの?」と聞かれたら、何と答えますか.多くの人が「盗難防止」だと答えるのではないでしょうか.でも実際、クルマの安全性に関しては、他にも気をつけなければならないことがたくさんあります.一言でクルマの安全と言っても、実に様々な要素を含んでいるのです.クルマを守る方法はたくさんありますが、その中でも、いくつか重要なポイントについて紹介します.クルマの安全性について、あなたの見解を深める更なる情報 ...
究極のメンテナンスガイド ー 愛車のために1年中できること
きちんと手間をかけてメンテナンスされたクルマは、高性能を保ち耐久性も高くなります.反対に、手入れしなければしないほど、その分クルマの寿命は短くなります.例えば、取り替えが必要なパーツなどは、よく見逃されがちです.いつもボディやタイヤを洗車して綺麗にしておけば、それだけでケアは十分だと思っている人がいるかもしれませんが、そうはいきません.私たち人間と同じように、外側だけでなく内側を磨く必要があるのです.365日クルマを完璧な状態に維持できる、究極のメンテナンス方法を紹介します! ...
フロントガラスの損傷を防ぐためのヒントTop5
クルマの所有者は、誰でも自分のクルマの内装、エンジン、及びその他部品のメンテナンスにおいては、徹底的に注意を払っています.しかし残念なことに、自身の安全、及び歩行者の安全まで考慮して、自分のクルマの部品についてきちんと時間をかけて気をつけている人は、ほんの一握りです.その中で最も一般的なのはフロントガラスで、これはしばしば無視されるものでもあります. ...
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.