Lanmodo
記事
カテゴリー
動物との交通事故とその防止策
野生動物の予測不能性は、動物との接触事故の確率を上げます.さらに高速道路や道路の拡張も、そのような事故の大きな要因の一つでしょう. ...
夜間運転の視界をよくするための4つの方法
夜遅くにオフィスを出て、暗闇の中自宅へ向かうことがある人も多いでしょう.夜には視界が悪くなるため、いつも以上に気を付けて運転しなければなりません.そのせいで夜は特に交通事故が多い時間帯になっています.人間の目は、暗闇で物を見たりや色を識別するのが苦手な為、夜の視界は制限されてしまうのです.命の危険にも関わるこの状況を改善するために、確実に安全な運転をしなければなりません.ここでは、夜の視界をよくするためのコツをご紹介します. 1.フロントガラスを綺麗にする フロントガラスを綺麗にすることで、見た目だけでなく昼夜の視界もよくしてくれます.夜に運転する予定のときは、特に頻繁に手入れをしましょう.昼間にフロントガラスについた泥は明るいうちにはわかりにくく、暗くなるまで気づきません.夜になると光が当たってまぶしくなり、運転中に気が散ったりします.その結果目が疲れ、夜に目が見えにくくなります.したがって、夜の視界をよくするために、フロントガラスの内側と外側を綺麗にしましょう.車を洗浄するときには、陽が当たってクリーナーが蒸発して跡が残らないように気をつけましょう.フロントガラス全体を綺麗にし、マイクロファイバーのタオルでしっかり拭きとりましょう. ...
あなたにおすすめする最高のロードトリップ5選
現代社会を生きる人々は、日々のプレッシャーに押しつぶされてしまうことも多いでしょう.誰もがバケーションを欲し、単調な日々に刺激を求めています.ロードトリップは、そんなときのうってつけのリフレッシュです.カーウィンドウを降ろして、心地いい風を感じ、お気に入りの音楽がスピーカーから流れ、美しい景色があなたの目の前に広がっています.楽しそうでしょう?ここでは、様々な経験を楽しむことができるロードトリップを紹介していきます. ...
初心者ドライバーが運転中に気を付けるべきこと
運転免許の試験を受けるのは、緊張してお腹が痛くなってしまうかもしれませんが、試験を通った後の達成感もまたひとしおです.しかし、運転免許を取るというのは最初の段階に過ぎず、いい運転手になれた証明ではありません.実際、初めて一人で運転するのはかなり怖いことです.ある程度の興奮もありますが、同時に不安も覚えるでしょう.道路状況や他の車の量によっては、初心者にとって不快で危険な状況になることもあります. ...
年を取ると夜の運転が危ない?高齢者ドライバーの安全運転のコツ
夜間視力の低下は、誰にとっても恐ろしい交通事故を招く原因となり得ますが、特に高齢ドライバーへの影響は大きいでしょう.65歳以上の高齢者が増加している近年、さらにこの問題意識は高まっていくでしょう.そこで特に夜間運転時に使える、高齢者ドライバーのための安全運転のコツをご紹介します. なぜ高齢になると夜間運転が難しくなるのか 高齢者になると視力が低下し、それによって夜間運転に影響がでることは当然です.このような現象には、次のような科学的根拠もあります. -- 年齢を重ねるごとに、目の水晶体と角膜が色あせていきます.こういった視覚の変化が、高齢者の夜間運転が危険になる主な理由です.したがって、高齢者には衰えていく夜間視力を補うための救済措置が必要になります....
ヘッドライトの正しい使い方とは
車のヘッドライトは、道路を明るく照らすためにあると思っている人も多くいると思います.もちろんこれも事実ですが、ヘッドライトには他にも使い方があります.例えば、ヘッドライトを使うことで運転手が道路を見えやすくなるように、歩行者が車を認識しやすくなります.ヘッドライトは、運転手と歩行者双方の安全のために重要な役割を果たします. ...
高速道路で安全に運転するには
車を運転するとき、特に高速道路を走るときは、いつもより気を引き締めなければなりません.高速道路を運転するのは怖くて苦手だという人も多く、特に免許を取りたての人は一般道路でしっかり経験を積むまで高速道路で運転させてもらえないこともあるでしょう.安全でスムーズな運転ができるように練習をし、感覚と自信を身に着けることが大切です.それと同時に、高速道路で安全に運転するためのスキルや能力を鍛えることが極めて重要です.この記事では、さまざまな状況下で活用できる運転テクニックやコツをご紹介します. ...
霧の中を安全に運転するには、どうしたら良い?
ドライバーにとって、霧は非常に厄介な存在です.視界が悪くなり運転しづらくなります.特に友人や家族を連れて出かけているときに霧が出ると、本当にイライラしてしまい、せっかくの楽しい気分が台無しになってしまうことがあります.集中力をも損ねてしまいかねません.でも、ほんの少しの秘訣を知っているだけで、事態を乗り切ることができます.では、霧の中を安全運転するにはどうしたら良いのか、下記に紹介します. 慌てずに、落ち着いて 霧は視界を奪ってきます.特に霧が濃いときは、道路の状況をよく見ることはできません.経験豊富なドライバーでない限り、そのような状況下ではトラブルを起こすこと間違いなしです.焦っても何の解決にもならないので、リラックスして注意力を保つよう心がけてください.霧の中を運転する際は、注意しながら道路上の白線をたどってください.また、前のクルマについていく方法も良いでしょう.くれぐれも、電話など気を逸らすようなものは使用しないようにしてください. フロントガラスにはワイパーとデフロスターが有効 もやもやとした天気でも、ワイパーとデフロスターがクルマにあれば心配いりません.ワイパーとデフロスターを使うと、ガラスについた靄を取り除きクリアな視界になります.実はデフロスターには2通りの用途があります.1つ目はクリアなガラスで視界を良好にすること、そして2つ目は温めてくれるヒーターとしての役割です.霧の中で運転する際は、デフロスターを使用するのが賢い選択です.フロントガラスについた霜を溶かしたり霧を取り除いたりしてくれるだけでなく、新鮮な空気を取り入れることにもなります. ...
雨の日に安全運転するための5つのヒント
雨の中を運転することは、多くのドライバーにとって不快なものです.色々なことが起こります.時には道に迷うこともありますし、迷った先で助けを求めることも容易ではありません.一般的に自動車事故は雨の日に多く起こります.それは、ドライバーが路上をよくみることができないからです.ただし、交通規則を守り、次に紹介するヒントに気をつけていれば、問題を最小限に抑えることができます. ...
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.