Lanmodo
記事
カテゴリー
視力が悪い人の安全運転をサポート
人間の身体には、どうがんばっても乗り越えることが出来ない限界があります.その一つが、夜間視力です.日が落ちて、周りが暗くなると、人間の目で見える範囲は狭くなります.フクロウやネコなど、夜行性の生き物とは異なり、人間は暗闇の中で正確に物を識別することはできません. ...
田舎地方で安全に運転し続けるためには?
田舎地方は穏やかで癒しの場所を与えてくれます.時には、多忙で騒がしい都会の暮らしを離れ、自然の美しさに浸るのは良いことです.美しい景色、開けた土地、生き生きとした作物の香り、広々とした土地で家畜をあちらこちらで見かけることは、人々の心に落ち着いたリラックス効果をもたらします. ...
雨天の中の運転: 安全運転へのアドバイスと心得
強風や豪雨を伴う状況での運転は日常的に珍しいことではないと思いますが、そのような状況は事故に遭遇する確率は高くなります.世界中どこにいたとしても、雨天の中の運転は避けられないものです.それでは自分自身や他人、道路上の安全を守るために何が出来るでしょうか? 将来起こりうる衝突事故を防ぐための安全運転への心得をご紹介いたします. 1. ロービームを付ける...
10代のドライバーの運転実態とコツ
10代の若者は、運転免許を手に入れると自由を得たような感覚になり、気持ちが舞い上がります.しかし親の立場から安全性を考えれば、これは恐ろしいことかもしれません.親と子ども両方に役立つ、10代の運転の安全性に関する調査結果とコツをまとめました. 調査結果 1.高い事故率 16-19歳のドライバーは、他の年齢層と比べて自動車事故の危険性が高くなっています.実際、若いドライバーはベテランドライバーに比べて致命的な事故に巻き込まれる確率が運転1マイルあたり3倍高いことが判明しています.運転に精通していない初心者ドライバーには、特に交通法や道路標識の理解、そして経験と注意が必要です. 2.通話しながらの運転 今日の10代の若者は、運転中であっても携帯電話を手放せないため、道路上の危険にさらされやすくなっています.電話がかかってくればすぐに応答し、数分おきにメッセージやソーシャルメディアを確認し、返信しています. ...
初心者のための高速道路運転のコツ
流れの速い道路には特有の運転のコツがあり、運転を始めたばかりの方は高速道路が怖く感じるかもしれません.運転の安全性を保つため、そういった道路では賢明さが要求されます.重要な安全運転のヒントをまとめましたので、これらを意識して安全な高速道路の旅をお楽しみください. 1.走行車線をキープ 高速道路では、車線のルールを知っておく必要があります.走行車線は通常の流れですが、追い越し車線はあくまでもクルマを追い越すことを目的とした車線です.初心者の方は、正しい車線をキープすることで道路上の他のクルマもスムーズに走ることができます.慣れてきたら、追い越し車線側に移動してみましょう. 2.ナイトビジョンカメラを使用する 夜の運転というのはそれ自体が大きな課題です.高速道路の運転では、特にその危険は大きくなります.高速で運転していると、反応に要する時間は長くなり、危険をもたらす可能性があります.そこでLanmodoナイトビジョンカメラが役に立ちます. Lanmodo...
田舎道を安全に運転するための便利なヒント
日常から離れてバケーションに出かける、それは誰もが夢見ることです.多くの人々にとって、これは郊外へ向かうロードトリップを意味します.そういった移動をするのはたいへん楽しいことであり、すべてがうまくいくように準備をしておくことも肝心です.もちろん他にも大切なことはありますが、特に気をつけたいのは移動に使うクルマの状態です.安全な運転を意識するとあまり楽しくないかもしれません.でも、準備のできていないまま出発してしまった人たちの体験談を聞いてみてください.意識しておきたいことは次のとおりです. ...
夜間の運転のリスクを最小限に抑えるには?
毎年、アメリカ合衆国の事故率は非常に高いペースで増加しています.2016年には約34,000の自動車事故が報告されていますが、2017年には自動車の衝突事故によって40,327人が命を落としています.統計によればこういった事故のほとんどは疲労、集中力の欠如、飲酒運転、視界不良が原因となって夜間に引き起こされています.しかし夜の運転というのは避けられるものではありません.夜の運転が好きな人もいれば、仕事の都合でそうせざるを得ない人もいます.そういった状況で事故のリスクを最小限に抑えるために、いくつか方法があります.この記事では夜間の運転にまつわるあらゆるリスクを挙げ、致命的な自動車事故を回避するためのヒントをお伝えします. ...
夜間の運転を安全に:夜間に視界を確保する方法
冬が近づくと日が短くなり、夜の時間が長くなります.運転に慣れたドライバーであっても夜間の運転は難しいため、日の短さは事故の増加を意味します.これには周囲の暗さやドライバーの疲れなど様々な原因があります.交通局によれば、夜間の事故による死亡率は3倍にのぼるといいます.夜間の運転の安全を確保するため、必要な策を講じておくことが重要です.そのための方法をいくつかまとめました. 自動車用ナイトビジョンシステムを使う 新たな発明によってテクノロジーは進化を遂げ、暗い場所、雨や雪といった状況でも歩行者や自転車、動物や道路上の危険を察知できる自動車用ナイトビジョンシステムをも生み出しました.自動車用ナイトビジョンシステムにはパッシブタイプとアクティブタイプがあります.これは夜間や視界の悪い状況での事故を防ぐのに大いに役立ちます.市場には様々なナイトビジョンシステムが出回っています.その一つであるLanmodo Vast...
自動車事故について知っておくべきこと
自動車の運転は避けられません.仕事や普段の生活のための唯一の足となっている場合もあるでしょう.しかし他の乗り物の事故と同じように、自動車による事故というのは避けられるものなのです.必要なのは少しの訓練と対策です.さらにテクノロジーの進化は自動車の事故を避けるためにドライバーをサポートできることも証明されていますが、これは慎重に検討すべきことです. ...
夜間の運転で視界を確保する方法
夜間の運転には数多くの危険が潜む一方で、対処方法を知らないドライバーも数多く見受けられます.夜間の運転は日中の運転よりもはるかに危険であるということが認識されている今こそ、その理由についても触れてみましょう.危険の主な原因は大幅に低下した視界にあります.ドライバーは路面の状況を視覚的に判断しますが、夜間ではその視覚情報が大幅に制限されます.その詳しい理由と、夜間の運転で視界を確保する方法を確認してみましょう. 夜間の運転に制約が生まれる主な理由 対処法を確認する前に、原因に目を向けてみましょう.90%ものドライバーが夜間に問題に直面している理由は何でしょうか? 物がはっきりと見えない 日中は道路標識が運転をサポートしてくれますが、日光のない状態ではそういった標識の確認が困難になります.視覚的な見通しが悪くなるというのは夜間の運転における最大の問題です.ドライバーの視野は、ヘッドライトの光が届く範囲に限定されてしまいます.ハンドルを握っている人が年配者であれば視覚的な問題はさらに大きくなるでしょう....
郊外での安全運転のコツ
郊外の道路は主要道路を外れている上に舗装も荒く、その道を熟知しているわけでもありません.視界の変化に気をとられることもあり、知らない道では予期せぬ事故につながる可能性もあります.無事に目的地にたどり着けるよう、安全運転のコツをご紹介します. 1.動物に注意 特に夕暮れ時や夜間は動物の活動が活発になるため、路上で遭遇する確率が高くなります.動物が道路上に現れたら落ち着いてブレーキを踏みながらパッシングをし、クラクションを鳴らします.コントロールを失わないように、急ハンドルは避けましょう. ...
夜間の運転で事故を回避するための完全ガイド
統計を見ると、交通事故のほとんどは夜間に起きています.理由としては視界の低下、乱暴な運転、飲酒運転などが挙げられます.しかしこのような危険があるにもかかわらず、夜間の運転は避けられません.実際、多くの人が職業上の理由で夜間の運転を強いられています.天候によってはさらに条件が悪くなります.夜間の運転を計画しているときは、十分に準備しておく必要があることは言うまでもありません.これで事故を回避できるかもしれません.車の事故を避けるため、夜間の運転のための完全ガイドをご用意しました. 夜間の視界を補う方法は? 自然光が減ってゆき、やがて何も見えなくなり、夜間に視界が著しく低下するという事実を否定することはできません.外部ソースやデバイスを使用して夜間の視界を補うことが不可欠です.安全運転のための数少ない方法としては次のようなものが挙げられます. ...
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.