Lanmodo
記事
カテゴリー
霧の中を安全に運転するには、どうしたら良い?
ドライバーにとって、霧は非常に厄介な存在です.視界が悪くなり運転しづらくなります.特に友人や家族を連れて出かけているときに霧が出ると、本当にイライラしてしまい、せっかくの楽しい気分が台無しになってしまうことがあります.集中力をも損ねてしまいかねません.でも、ほんの少しの秘訣を知っているだけで、事態を乗り切ることができます.では、霧の中を安全運転するにはどうしたら良いのか、下記に紹介します. 慌てずに、落ち着いて 霧は視界を奪ってきます.特に霧が濃いときは、道路の状況をよく見ることはできません.経験豊富なドライバーでない限り、そのような状況下ではトラブルを起こすこと間違いなしです.焦っても何の解決にもならないので、リラックスして注意力を保つよう心がけてください.霧の中を運転する際は、注意しながら道路上の白線をたどってください.また、前のクルマについていく方法も良いでしょう.くれぐれも、電話など気を逸らすようなものは使用しないようにしてください. フロントガラスにはワイパーとデフロスターが有効 もやもやとした天気でも、ワイパーとデフロスターがクルマにあれば心配いりません.ワイパーとデフロスターを使うと、ガラスについた靄を取り除きクリアな視界になります.実はデフロスターには2通りの用途があります.1つ目はクリアなガラスで視界を良好にすること、そして2つ目は温めてくれるヒーターとしての役割です.霧の中で運転する際は、デフロスターを使用するのが賢い選択です.フロントガラスについた霜を溶かしたり霧を取り除いたりしてくれるだけでなく、新鮮な空気を取り入れることにもなります. ...
雨の日に安全運転するための5つのヒント
雨の中を運転することは、多くのドライバーにとって不快なものです.色々なことが起こります.時には道に迷うこともありますし、迷った先で助けを求めることも容易ではありません.一般的に自動車事故は雨の日に多く起こります.それは、ドライバーが路上をよくみることができないからです.ただし、交通規則を守り、次に紹介するヒントに気をつけていれば、問題を最小限に抑えることができます. ...
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.