Lanmodo
記事
カテゴリー
現代における自動車の優れた技術ベスト5
クルマをケアして保護するための安全対策は以前からたくさんありましたが、最近では、その安全対策における分野がさらに発展してきています.今では、自動車を保護するための、新技術を使ったツールが市場にたくさん出回っています.その中でも、どういったものを選んだら良いか、何を期待したら良いのかを知れば、愛車の安全レベルは著しくアップします.現在、最も役に立っていると思われる新技術と、それに関連したいくつかのことについて、この記事で紹介していきます. ...
木の下に長時間クルマを駐車してはいけない理由は?
今や、クルマは誰もが手に入れられるようになり、多くの人が利用しています.そのため、建物がひしめく都会においては、駐車をめぐる問題が大きくなっています.都市部に暮らしていれば、誰でも駐車スペースを確保するのに苦労しているでしょう.その結果、直射日光が当たらない木の下に駐車する人もいます.ですが、この木の下に駐車するという行為そのものが、大きな被害をもたらす原因となるのです.下記に詳しく紹介します. ...
車載用ナイトビジョンについて知っておくべきことは?
車載用ナイトビジョンは、周囲を取り巻く情報を感知して教えてくれる、センサーのようなデバイスです.熱、動くもの、光など、あらゆる現象の情報をキャッチします.さらに、ヘッドライトだけでは暗くて見辛い他の車、動物、人なども直ちに知ることもできます. ...
クルマの水垢を防ぐにはどうすればいい?
水垢が傷のように見えることはありますか? 運転中、視界の妨げになることはありませんか? なかなか落ちなくて、頑固ではありませんか? 大丈夫です、質問に全て「はい」と答えたのはあなただけではありません.実際、多くのドライバーがこういった水跡にうんざりしています.自家用車を持つということは、それなりの投資であり、生活水準も上がります!ですが、あなたのクルマが汚れているのを見たら、他の人はどう思うでしょうか.基本的なメンテナンスもできない、怠慢なドライバーだと思うのではないでしょうか.水垢が消えないからといって、ゴシゴシ擦って磨くと余計に悪化します!...
愛車を鳥のフンから守る
想像できますか.せっかくお金と時間をかけてガソリンスタンドで洗車したのに、それからひと月も経たないうち、家に帰ってきた瞬間ペチャっという音と共にボンネットに鳥のフンが.近くに木があり屋根のない車庫に駐車していると、戻ったときにクルマにたくさん模様がついていることがあります.恐ろしいですよね.でも、実際、よくあることです.皮肉なことに、鳥の数が減少している都市部ほど、よく起こります.田舎にも鳥はいるものの、汚されるクルマ自体が少ないのです. 都会に住んでいると、鳥を見上げて眺めるような機会はほとんどありません.ですが、鳥の落し物には気をつける必要があります.鳥のフンによって車の塗装がダメージを受けないように、自分でできる確かな予防策があります.でもちょっとその前に、まず、鳥の排泄物が何故そんなにクルマにとって悪いのか、そのことについて見ていきましょう. 何故、鳥のフンは危険なのか? 鳥の排泄物がクルマのボディにつくと、見た感じが汚ならしい、といったことは否めませんが、実はもう1つ、危険なことがあります.鳥の排泄物には高濃度の尿酸が含まれていて、尿酸、つまりは非常に濃い酸性物質が含まれているのです.酸は、クルマに施されているあらゆる塗装コーティングをも溶かしてしまう性質を持っています.時には、クルマの金属部分にまで及ぶことがあります.それも1時間かからないうちにです.しかも鳥は、消化を助けるために砂利を食べる習慣があります. けれども、食べた砂利は消化されずにフンと一緒に排出されます.ですから汚れを落とそうとした時に、クルマの塗装を傷つけてしまったり、永遠に残るような跡をつけてしまったりする恐れがあるのです.常に愛車に鳥のフンが落とされないよう、いつも気をつけていることはできませんが、もしそういった事態に遭遇してしまったら、慎重に、且つ直ちに洗い落としてください.結局は特別な保護カバーの存在に勝るものはありませんが. どうやって鳥のフンから愛車を守る? 鳥のフンは塗装に害を及ぼすので、クルマを守る確かな予防策を講じる必要があります. 木のそばを避ける—クルマを駐車する際は、木の下に駐車しないよう気をつけましょう.鳥はたいがい、枝の上にとまって用を足します.ですから、駐車時は木のそばを避けることが賢明です. ...
車載用ナイトビジョンシステムの比較:ビルトイン型 VS 外付けタイプ
第2次世界大戦中に暗視システム(NVS)が活用されたことは、有名な話ですよね.この技術は自動車産業に受け継がれ、2000年、初の車載用ナイトビジョンシステムがGM社により開発されました.開発当初はキャデラックのような高級車に搭載する形でした.その後、ドイツ大手のBMWとメルセデスベンツが後を追うように続いています. つい最近まで、NVSは高級車用のものいう認識がありましたが、近年では低価格の車を持つ人も便利に使えるようになったため、クオリティの高い外付けタイプのNVSが続々と開発されています.その中でも、一際、多くの人に愛用されている外付けタイプのNVSはLanmodoナイトビジョンシステムです.この記事では、ビルトイン型のナイトビジョンと外付けタイプのものについて、どのような違いがあるか分かりやすいように比較しました.まずはその前に、ナイトビジョンがどれほど役立つかについて紹介します. 車載用ナイトビジョンのメリット NVSには多くのメリットがあります.ビルトインにしろ外付けタイプにしろ、一度使ってみれば、それがどれだけ役に立つかすぐに分かります. ヘッドライトを使うより便利 夜、運転中、ロービームやハイビームを使っても、前方に何があるかよく見ることができないときはありませんか.ロービームで運転していると急な曲がり角がよく見えず、判断が遅れてしまう場合があります.ハイビームを使うと明るさに目が慣れるまでに時間がかかり、前のクルマに気付かない時があります.車両を見落とし事故を引き起こしかねない、危険な状態です.このような場合、NVSは前方の車両を非常にはっきりとクリアに映し出すので、事故を未然に防ぐことができるのです. ...
何を持っていけばいい?ピクニックの持ち物リスト
慌ただしい毎日を送っていると、週末が本当に待ち遠しいですよね.のんびり過ごして、自由な時間をできるだけ満喫したいものです.その時の気分にもよりますが、週末にやれることは色々あります.ただ、日頃の疲れを癒やすために、あまり遠くへ出かけたくはありませんよね.大好きな海、行きつけの公園、またはパッと頭に思い浮かんだ場所で、ちょっとしたピクニックを楽しむのが最適です.でも、ピクニックを楽しむためには、きちんと計画を立てて準備する必要があります.特に、何を持っていくかについては、非常に重要なポイントです. ...
有害な紫外線からクルマを保護するには?
自分の愛車を最高の状態に保つためなら、できることは何でもしたいですよね.ほとんどの人に当てはまるのは、UV対策ではないでしょうか.日当たりの強い場所に住んでいる人なら、クルマがいかに紫外線からダメージを受けるかはよくご存知ですよね.人体が受けるUVダメージと同様に、クルマのボディもダメージを受けます.クルマを紫外線から保護する方法はいくつかありますが、その中でも最善の対策について、下記に紹介します. ...
霧の中を安全に運転するには、どうしたら良い?
ドライバーにとって、霧は非常に厄介な存在です.視界が悪くなり運転しづらくなります.特に友人や家族を連れて出かけているときに霧が出ると、本当にイライラしてしまい、せっかくの楽しい気分が台無しになってしまうことがあります.集中力をも損ねてしまいかねません.でも、ほんの少しの秘訣を知っているだけで、事態を乗り切ることができます.では、霧の中を安全運転するにはどうしたら良いのか、下記に紹介します. 慌てずに、落ち着いて 霧は視界を奪ってきます.特に霧が濃いときは、道路の状況をよく見ることはできません.経験豊富なドライバーでない限り、そのような状況下ではトラブルを起こすこと間違いなしです.焦っても何の解決にもならないので、リラックスして注意力を保つよう心がけてください.霧の中を運転する際は、注意しながら道路上の白線をたどってください.また、前のクルマについていく方法も良いでしょう.くれぐれも、電話など気を逸らすようなものは使用しないようにしてください. フロントガラスにはワイパーとデフロスターが有効 もやもやとした天気でも、ワイパーとデフロスターがクルマにあれば心配いりません.ワイパーとデフロスターを使うと、ガラスについた靄を取り除きクリアな視界になります.実はデフロスターには2通りの用途があります.1つ目はクリアなガラスで視界を良好にすること、そして2つ目は温めてくれるヒーターとしての役割です.霧の中で運転する際は、デフロスターを使用するのが賢い選択です.フロントガラスについた霜を溶かしたり霧を取り除いたりしてくれるだけでなく、新鮮な空気を取り入れることにもなります. ...
クルマを購入したら絶対にやるべきこと
マイカーを手に入れる、つまりクルマを購入することは、言うほど簡単なことではありません.比較的リーゾナブルなクルマもありますが、大金を積まないと手に入らないものもあります.安価なものにしろ高額なものにしろ、支払いを済ませただけでは終わらないのがクルマです.せっかく手にした自分のクルマをないがしろにしたり、または必要最低限のことしかしない、といった罪深い人がたくさんいます.その一方で、新しい愛車を本当にケアしたいと思っていても、どうしたら良いのかよく分からない、といった人もいるのが事実です. ...
真夏に起きるクルマのトラブルとその対処法
夏はもう、すぐそこまで来ています!そんな今だからこそ、クルマの手入れについて考えてみませんか.きちんと対策をすれば走りも快適で、焼けるような日差しで内装をダメにすることもありません.猛暑からクルマを守り、快適に走り続けるためのコツを教えます.夏はどのようなケアが大切か、その正しい保護対策を下記に5つ紹介します.あなたのクルマに本当に役立つ情報をお届けします. ...
犬と一緒にクルマで旅行する際、気をつけるべきこと
大好きなペットとなら、どこへ行くにしてもペットと一緒に旅行したいですよね.でも、旅行中のペットの安全や保護について、本当に気を配っている人はあまりいないのではないでしょうか.あなたのワンちゃんは何が好きで何が嫌いか、何を食べた方が良いか、といったことについてはよくご存知かも知れませんが、旅行の際、どうすると危険から守ってあげられるか、きちんと把握できていますか?犬と一緒に旅行に行く際に気をつけるべきこと、例えば飛行機などに乗せる場合など、旅行中のワンちゃんの安全について、この記事を読むと役に立つこと満載です. ...
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.