Lanmodo
記事
カテゴリー
車の内装を美しくするためにするべきこと
自分の車を愛する人は、通勤、子供の送り迎え、少し車を走らせたりと、車の中で過ごす時間が多い傾向にあります.しかしどれだけ車を使用したとしても、できるだけ新車の美しさを維持したいと思うものです.車の内装に小さなアップデートをほどこすことで、高級感やかっこよさ、そしてユニークさが増します.しかし、車を改造するにはお金がかかります.そんなとき、あまり改造の経験がない人でも簡単に、しかも安くできることがいくつかあります.それによって車の見た目がよくなるだけでなく、自分だけのデザインを車にもたらすことができます.その中でも内装の改造方法トップ5をご紹介します. ...
トラック事故: 怪我が多い理由と予防法
高速道路を使っていると、大きなトラックが高スピードで目的地へ向かったり、大量の商品や積荷を遠くへ運んでいるのをよく見ます.普通車と比べてトラックの数が少ないのは事実ですが、多くの場合交通事故はトラックが関わっていることをご存知でしょうか.統計では、トラックは全体の交通量の4%ですが、交通事故の10件に1件はトラックが関係していることがわかっています. ...
夜、鹿との衝突を避けるには?
約150万件の事故の原因は、鹿との衝突です!都市部に住み、街の中から出ないのであれば、鹿にぶつかる心配は最小限で済みます.しかし、郊外に住んでいる人にとっては、特に夜間の運転では鹿とぶつかる可能性があります.鹿とぶつかることで、高くつく部品の修理だけでなく、何百もの命を奪うことになります.鹿にぶつからないようにするためには何ができるでしょうか?いくつか方法があります. 1.行動パターンを把握する 最も重要なのは、鹿の行動パターンを認識することです.鹿は辺りが薄明るい夜明けと夕暮れ時に最も活動的になるという事実を知っておく必要があります.この時間帯の運転中は特に注意してください.シカは交尾が盛んになる10月から1月に多く移動します.そのため、ほとんどの恐ろしい事故はこの時間帯に発生します.鹿はどこからともなく道路の真ん中に飛び込み、ドライバーには避ける余裕がほとんどないため、恐ろしい事故が発生します.あなた自身の安全と鹿のためにも、前を見てゆっくり運転することをお勧めします. ...
車内のアイテム:必要なもの、そうでないもの
車内をすっきりさせておくために何も物を置かない人もいれば、ありとあらゆるものを置いている人もいます.しかし重要なのは、必要なときに使えるように車のトランクに必需品を常備しておくことです.ここでは車の必需品と、必要のないものについてご説明します. ...
雨の日の運転を安全にする6つの方法
想像してみてください.外は大雨なのに、あなたの愛犬は体調が悪く、すぐに獣医病院に連れて行かなければいけません.このような予想外の状況では、どれほどのリスクが伴う場合でも、雨の中を運転する必要があります.雨の日に運転したことがある人に尋ねると、劇的に変化する特定の要素が存在するため、通常の運転よりもはるかに難しいと言います.タイヤがグリップを失い、ブレーキが適切に機能せず、水がエンジンの重要な部分に入って予期せず誤作動する可能性もあります. これらのすべてのリスクにも関わらず、状況によっては他に方法がなかったり、危険な運転に出向かなければならない場合があります.運転をより安全なものにするために、集中を絶やさないようにして、いくつかの方法を頭に入れておく必要があります.この記事では、雨の日の運転を改善する6つの重要なヒントをご紹介します. ...
秋のドライブのコツ:もっと安全に運転するには
秋には、環境に多くの変化が起こります.落ち葉など様々な要因によって天候や道路状況が変化します.そのため、安全性を確保するためには運転に集中しなければいけません.秋の運転に役立つ重要なコツをまとめました. 落ち葉の上でブレーキを踏まない 落ち葉が道路に溜まって時間がたつと、濡れて道路が滑りやすくなります.滑りやすい路面は、路上での車のトラクションを大幅に減らし、横滑りを引き起こします.場合によっては、ハンドルの制御を失う可能性もあります.また、道路上に描かれた重要なマーキングや隆起やくぼみが落ち葉で隠れてしまうことがあります.これにより、車線や路面の凹凸、くぼみが見えなくなります.車のタイヤを引き裂く鋭いものが隠れているかもしれません.このような状況では、緊急時にすぐ停車できるように、常に速度を落とし、十分な車間距離を保つ必要があります.また、子供たちが遊んでいることがあるため、積み上がった落ち葉の近くを走ることも避けてください. ...
運転体験を向上させる方法
誰にとっても、初めての運転には特定のスリルが伴います.運転が上達するにつれて、やがて車で快適な体験をしたいと考えるようになります.これは安全を妨げるものではありません.運転をより良く、より安全に、より簡単にする方法を考えてみましょう. ...
街灯がないときに夜道を安全に運転する方法
長い一日からようやく解放されたときには、心と身体をリフレッシュが必要です.夜のドライブはそんなときにピッタリで、特に他に車がいないと最高です.しかし夜は光が少なくなり、運転の安全性が低下し危険が伴います.多くの研究では、夜は交通事故の確率が3倍になることがわかっています.ここでは事故のリスクを最小化するためのコツをご紹介します. ...
自動車用ナイトビジョンシステムについて知ろう
自動車用ナイトビジョンシステムは、近年自当社業界で幅広く使用されています.ナイトビジョンシステムを使用すれば、ヘッドライトが照らすさらに先まで運転手の視覚を広げます.その結果運転の安全性が向上するのです.運転手は歩行者、自転車、動物といった様々な物体を検知できるようになります.ナイトビジョンシステムは、さらに2つのカテゴリーに分けることができます.パッシブ式システムとアクティブ式システムです.アクティブ式システムが赤外線を使って暗闇を明るくするのに対し、パッシブ式システムは温度を感知するサーモグラフィカメラを使って、物体から発せられた熱を捉えます.それぞれのシステムには一長一短があります.この技術は2000年にゼネラルモーターズによって導入されましたが、未だに高級車にしか搭載されていません.以下のリストは、自動車用ナイトビジョンシステム(NVS)を搭載した車種です. ...
愛車のパフォーマンスを上げる6つの手ごろな方法
車を購入してしばらく使用すると、パフォーマンスを向上させつつ、まるでショールームから出たばかりのような見た目を維持するには努力が必要になります.しかし大金をつぎ込むことなく愛車をアップグレードや改造する方法はいくらでもあります. ...
高出力LEDへの代替オプション:より安全な運転をするには
車のヘッドライトは道路を明るく照らしてくれますが、街灯のない山道や田舎道を走るときには少し心もとないこともあるでしょう.そんなときはもっと車のライトがあればと思うこともあります.田舎道をより明るく照らすために、高出力LEDライトを車に取り付ける人は多くいます.LEDライトは強い光を発することで有名で、道の遠方もより明るく照らしてくれます. 高出力LEDライトの概要 LEDとは発光ダイオードのことで、通常の電球より明るい光を生み出します.高出力LEDライトは、50ルーメン(1カンデラ=12.75ルーメン)以上の明るさを出力する特徴を持っています.高出力発光ダイオードには様々な利点がありますが、夜間運転の最適な解決策をは言えません.LEDのメリットとして挙げられるのが: ...
備え付け vs 社外品:どちらのナイトビジョンシステム(NVS)を選びますか?
人間の目は、暗闇で物を見ることに長けていません.そのような状況で何かをしようとしても、光で照らされていなければ何もできません.夜間の運転はその最たる例で、安全を確保するためには良い視界だけでなく、集中力も必要になるでしょう.運転手には、暗闇での運転をアシストしてくれるシステムが必要になります.車用のナイトビジョンシステムは、その発達した技術によって、夜のドライブを格段に安全かつ簡単にしてくれます. ...
版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.