ホーム > 記事 > ポータブル ガレージ > カーポートの種類と選び方

カーポートの選び方と人気おすすめ

Nov 1, 2017, 4:50 pm / 佐藤理恵

カーポートはガレージのように駐車場の一つの種類です.
ガレージと違って、カーポートは屋根と柱のみで構成されたものです.

カーポートも簡易ガレージ/簡易屋根とも言えます.

カーポートを設置する良い点は?

1.車を風雨、汚れ、鳥の糞、雪、ホコリ、直射日光から守る
2.洗車の手間が減る
3.寒い冬の朝に霜取りや雪おろしの時間を短縮でき朝の忙しい時間を節約
4.日焼けによる塗装やシートの色あせを防止することができる.
5.雨の日に車の乗り降りが便利になる.

カーポートの種類

1.片側支持タイプ

左右のどちらかに柱を設けて屋根を固定するタイプです.車の出し入れも容易です.
駐車が1台の場合に多く採用されています.

片側支持タイプ カーポート

2.両側支持タイプ

両側にも柱を設けて屋根を固定するタイプです.安定感があります.
複数台駐車する場合に多く採用されています.

片側支持タイプ カーポート

カーポートの素材

アクリル:価格はやすいで、耐候性と強度があります.
ポリカーボネート:衝撃に強く、防火性もあります.熱線吸収機能を持つものもあり、直射日光から車を守れます.色のバリエーションも豊富です.
波板:耐過重性や耐火性に優れているため、積雪や強風地域に適しています.
金属板:強度をしっかりと確保したいときは、金属板がおすすめです.アルミ素材もあります.

カーポートの選び方/そのポイント

1.駐車台数によってカーポートを選択
片側支持タイプは1台の場合に多く採用され、複数台駐車する場合に両側支持タイプがおすすめ.

2.車のサイズを確認
ドア開閉時のスペース車体の高さをご確認したら、カーポートを設置するとよいでしょう.

3.あなたの地域を確認

風が強かったり、雪が良く降るような地域には安定感がある両側支持タイプがおすすめです.
積雪や強風地域には耐過重性や耐火性に優れているスチール折板がおすすめです.

カーポートの設置費用はどれくらいかかる?

カーポートの設置はそんなに簡単ではないです.
費用は駐車台数、広さ、天井支持のタイプ、屋根材によって違っています.相場としては50万円〜100万円程度が一般的であるでしょう.

簡易なカーポートおすすめ

ここで、簡易なカーポートLanmodo車用テントをおすすめしたいです.

簡易なカーポートLanmodo

Lanmodoは傘のように車の上に置かれて、太陽光、雪、風雨、ホコリ、鳥の糞、汚れなどから車を守れます.
取り付けがすばやく簡単です.
僅かに30秒で設置が完了します.

Lanmodoはダブル盗難防止システムが搭載するし、ワイヤレスリモコンでしか開閉出来ないので盗もうと思っても折りたたんで持ち去ることが出来ません.
しかも、ペンチでも切断することが出来ない盗難防止用のロープで固定しているので安心です!

簡易なカーポートとして使用するほかに、キャンプテント、タープやビーチパラソルとしても使用可能です.
充電器も内蔵し、あなたのデバイスに充電できるし、USBケーブルで付属のLEDランプを差し込んで、夜にも使用可能です.

ここで、カーポートの種類や選び方や簡易なカーポートをおすすめしました.
屋根が付いていない駐車場には、簡易なカーポートが良くないでしょうか?





Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.