ホーム > 記事 > カーカバー >

冬季に役立つ車用保護カバーTOP 3

Nov 22, 2018, 4:05 pm / 佐藤理恵

冬季に車をカバーもせずに駐車してしまうと、外的要因からのダメージを受けやすいです.雪はエンジンやフロントガラスのワイパーを凍結させるだけでなく、ドアノブまで凍結させれ可能性があります.それ以外でも、冬季には車へダメージを与える要因が潜んでおり、融雪用に散布された岩塩が蓄積される事で舞い上がりやすくなり、それによって車を傷つける恐れがあります.冬季モデル車用保護カバーを使えば、上記のような厳しい冬の猛威からも車を保護する事が出来ます.現在、市場に車用保護カバー製品が溢れかえっている中で、購入する上で最も推奨出来るそれぞれ異なるタイプからTOP3をお教えいたします.

Top 1. Lanmodo社製オートマ式・車用保護カバー

  1. Lanmodo社製防雪対応オートマ式保護カバーは、他社製類似製品とは比較にもならないほど革命的な製品と言えます.開発段階から新旧合わせた技術を織り交ぜた結晶であるこの製品は、他の車用保護製品と比べても明らかに突出した高性能を有しています.
  2. Lanmodo社製車用保護カバーは、オートマ式折り畳み機能付きの設計になっています.リモコンを一押しするだけで開閉が行えるばかりか、伝送範囲は約30mと十分離れた距離からも操作が可能です.
  3. Lanmodo社製車用保護カバーは、冬季における車用保護製品としてお使いいただくのが最適です.天蓋は高品質の210Dナイロン製生地をオックスフォード仕立てにしている為、雪、雹やその他の落下物にも耐え凌ぐ耐久性を有しています.さらに付け加えるのであれば、軍用に用いられているファイバーグラスが持久性を補強しているので、強風にも左右されないほど安定性があります.
  4. Lanmodo社製冬季モデル車用保護カバーは盗難防止機能も兼ね備えており、この点が競合他社との差を歴然なものにしている理由の一つとも言い換えられるでしょう.車との結合部になる、大変強力な吸盤式器具と内部に鉄心を埋め込んだストラップが、保護カバーの耐久性を補強しているばかりか、人力で持ち去る事を不可能にしています.また、こちらの製品の操作は全てリモコンで行う為、このリモコンを持っていない限り盗難される事はあり得ないでしょう.
  5. 雪が持つあらゆる危険からあなたの車を保護する以外にも、Lanmodo社製車用保護カバーは多様な用途に応える事が出来ます.追加でスタンドとサイドキャノピーを購入して頂ければ、アウトドア時のキャンプ、友達や家族との釣りやパーティなどの巨大シェルターとしてもご利用になっていただく事が可能です.

Top 2. 伝統的な車用保護カバー

慣習的かつ利便性の高い冬季用車用保護カバーは市場に多く出回っており、それらのほとんどが大衆向けのオーダーメイド製品でもあります.その中でも、とりわけ普遍的な物と言えば、無地の布で車全体を覆えるものでしょう.伝統的な車用保護カバーは、異なる生地を織り込んで作り上げられており、重量も異なる素材が用いられています.このようなタイプの製品を購入する場合は、あなたの車に最もふさわしい物を選ぶだけで支障ありません.


これらのタイプの保護カバーを使用して車を保護する際は、常に手作業が欠かせません.時には人手を借りてまで、カバーを脱着する事に努力を惜しまなくはなりません.また、仮に重量タイプの製品をお使いになれば、折り畳んだ後の収納やその大きさを問題に感じるかもしれません.

Top 3. 不動の車用保護カバー

このタイプの車用保護カバーは、冬季に潜むあらゆる危険からあなたの車を完璧に保護します.冬季用のこれらの車用保護カバーは、通常、長丸で中が空洞になっている銅管と耐水構造から出来ているフレームで囲まれた作りになっています.一般的にカーポートと呼ばれ、極めて厳しい天候にも左右されず、必要とされる時にはいつでも車への保護をお約束します.


この車用保護カバーは固定されているので、動かしたり、あなたが駐車したい場所へ持ち運ぶ事は不可能です.これは車のオーナーが考慮すべき一つのマイナス点と言えるかもしれません.何故なら、いくらこのタイプの車用保護カバーが安定性を保証し、使いやすく、完全な保護を約束できるとしても、持ち運べなければ結局その機能は限られてしまうからです.あなたがドライブをする際、安全かつ駐車し易い場所を見つける事は容易ではないでしょう.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.