ホーム > 記事 > ポータブル ガレージ > 人気なカーポートメーカーおすすめ/カーポートのメリットとデメリット

人気なカーポートメーカー3選おすすめ

Nov 3, 2017, 6:16 pm / 佐藤理恵

カーポートのメリットとデメリット人気なカーポートメーカーおすすめ

車を持っている方々が愛車を保護するには一度カーポートをつけたいことがあるでしょう.

カーポートってメリットとデメリットがありますが、付けるべきか、付けないべきか非常に迷っている方も多いでしょう.

世界初のLanmodo車用テント

では、このメリットとデメリットをご説明します.

カーポートのメリット

1.雨の日には、車の乗り降りがスムーズにできる
2.屋根材によって汚れから守る
3.鳥の糞など上空からの落下物から車を守る
4.ガラス等の結露を防ぐ
5.洗車回数を減らし、お時間やお金を節約

カーポートのデメリット

1.柱が邪魔になる

カーポートは片側支持タイプでも、両側支持タイプでも、柱を設けて屋根を固定するので、柱が必要です.
そのため駐車場のスペースが十分にないと、人が通るスペースがなくなってしまったり、大きい車に買い替えたらカーポートの柱が邪魔で入らないなどということもあります.

また、この屋根を設置したら、子供の遊びにも邪魔になります.

2.圧迫感がある.

駐車場にカーポートをかけたあとに、広々としていた駐車場が狭くなってしまって、圧迫感があります

3.台風や強風時に屋根が倒壊

台風が来た時に屋根が飛ばされてしまう危険性があります.
台風や突風などの天災などの際にはカーポートの本体が倒壊しないように、屋根材が外れるようにできているんです.

人気なカーポートメーカーおすすめ

1.世界初のLanmodo車用テント

世界初のLanmodo車用テント

Lanmodo車用テントはカーポートのデメリット対策ともいえます.
鳥の糞、雨風や雪、直射日光や汚れから車をガイドできだけではなく、
ワイヤレスカーテント!ビーチパラソルや USB 付きテント、タープなどに変化自在です.
取り付けは超簡単です.カーポートを設置する費用をかかりません.
女子一人でも30秒で簡単に設置できます.

車の上に置かれるから、駐車場のスペースを占めないです.
ンチでも切れない防犯強度があるので、盗難防止で、ご安心使用できます.

Lanmodo の防風レベルは風速13mです.

さらに強風によってテントが吹き飛ばされないためにも、サイドミラーと後部座席の取っ手に取り付ける固定ベルトによりさらに強度が増すように設計しました.

さらに!負荷70Kg まで耐えることができる強力吸盤で安全度アップします.

車用テントの他に、キャンプテントやタープにも簡単変身できます.
使い方が20種類以上があります.

2.バリエーションが非常に豊富なLIXIL(TOEX)

最近、宣伝が多い「LIXIL(リクシル)」はカーポートシェア率№1を誇っています.
多くの顧客がこのメーカーのカーポートを利用しています.
LIXILは「INAX」「トステム」「新日軽」「TOEX」「サンウェーブ」などのブランドがあります.
サイズや屋根材、本体色、柱の高さ、オプションなどのバリエーションが非常に豊富です.

3.独特のカーポート「三協アルミ」

三協アルミの製品特徴は‟スマット”と呼んでいる次世代のカーポートになります.
スマットの特徴は独特な屋根の形状にあります.見た目はシャープな形になっていても、実際はわずかに弧を描くようなアール形状なのです.

ここで、カーポートのメリットとデメリットや人気なカーポートメーカー3選をご紹介しました.
ぜひぜひ、お気に入りのカーポートをご購入してください.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.