ホーム > 記事 > カーカバー > 雪・霜対策に最適なカーカバーを選択する方法

ベストな防雪カーカバーを選択する方法

Oct 13, 2017, 4:57 pm / 佐藤理恵

冬は休日や食事、スキー、雪の日などをもたらしますが、ドライバーには数多くの問題があります. 冬の間、仕事に行く前に積もった雪を取り除かなければならないことがよくあります.寒い冬の朝にこれを体験していたでしょう. このようなことの対策がありますか? 雪・霜対策に最適な 防雪カーカバーはここにあります.

Part 1: 防雪カーカバーが必要の理由は?

防雪カーカバーはまったく必要ないと言う人もいます. 確かに、熱帯には雪は降りませんので、防雪カーカバーが必要ないですが、雪がよく降って入る地域だたら、防雪カーカバーが大事です
  1. 冬に車内の凍結を防止し、車への損害を防ぎます;
  2. 別に、霜よけ時間がかかりません!;
  3. 毎朝の面倒な除雪作業はもう不要!;
  4. エンジンをある程度凍らせないようにする;
  5. 車のプリントに傷を防ぐ;
  6. 防雪カバーは、雪や氷から自動車を保護するほか、酸性雨、直射日光、風、埃などの他の危険から自動車を保護します.

Part 2: 人気超絶のカーテントで愛車を保護しよう

市場には様々なカーカバーがあります.この材料も良いことがありますが、悪いのもあります.多くの車用カバーは一つのシーズンを過ごすことができません. したがって、かーカバーを選択するときに、よく考えなければならないです. 市場には防雪の車用カバーの種類を見てみましょう.

メタルカーポート

メタルカーポート 金属製のカーポートは、悪い天気から愛車を保護する最も一般的な方法の1つです. スチールのカーポートには、さまざまなスタイルとサイズが用意されています. 最も人気のあるモデルのいくつかは、Boxed Eaveスタイルのカーポート、Vertical Roof Carport、Barn Roof Carportです. これらのカバーは車のための良い保護を提供しますが、かなり高価であり、小さなヤードを持つ人にとっては問題になりがちなスペースを占有します. ちなみに、金属製のカーポートは持ち運びできないため、1か所で固定しますので、ほかの場所で使えません.

PVCカーシェルター

PVCカーシェルター 防雪カーカバー のもう一つはPVCカーシェルターです.PVCカーシェルターはファイバーグラスのロッドで固められており、その多くは防水性のある様々な軍事材料で構成されています. また、キャノピーシェッド、インフレータブルカーテント、ポリカーボネートプラスチックシェルターなど、さまざまなサイズとスタイルがあります.

木製のカーポート

冬には雪や氷から車を守るもう一つの方法は、木製のカーポートの下に駐車することです. そのような港は、単独で建つか、または他の建物に取り付けることができる. モンタージュ木製のカーポートを購入するか、自分でビルドすることができます. メタルポットと比較して、木製のカーポートは建設が容易です. wooden car port これは、木材が軽量構造を採用しているため、作業が簡単です.また、柔らかく、従って切断し、形作るのが容易である. しかし、木製のカーポートにもいくつかの欠点があります. 雨天、気温変動などが木製港に顕著な影響を与えるため、耐久性は金属製カーポートほど高くはありません. さらに、木材は腐敗する傾向があります.これは、長時間の水の蓄積に特に当てはまります.

ポータブルカーテン

伝統的な冬のかーカバーと比べって, ポータブルカーテントは、車の保護には、多くの利点があります.その中で最も革新的な製品はLanmodoポータブルカーテン


主に暑い夏に日陰をつくることを目的としていますが、冬にはこのアイテムを多用することもできます. この製品は扱いやすく持ち運びが容易なもので、重量はわずか6kg(13.23lb)、長さは85cm(33.46インチ)です. それはどのトランクにも適切に収まり、30秒でインストールできます. 強力なワイヤレス接続の送信はわずか6秒で開き、98フィート離れたところでピックアップできます. 傘ホルダーは高品質の素材を使用して作られています. その余分な滑らかな表面は車の表面にとって安全です. 伝統的な車のカバーとは対照的に、自動車の傘をトランクに搭載することができ、どこに行くにしても車を守ることができます. 傘から雪を払い、車のトランクに詰めて運転してください!





Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.