ホーム > 記事 > カーカバー > 車のフロントガラスカバーおすすめ

車のフロント用カバーおすすめ

Oct 28, 2017, 11:48 am / 佐藤理恵

車のフロントガラスに日除けカバー(サンシェード)は必要だと思いますか?
車のフロントガラスの凍結防止カバーは必要ですか?

車を持っている方々からよく聞かせます.

車にフロントカバーをかける良い面

1.凍結防止

冬の寒い日に朝早くに自動車で出勤する方々がかなり困るのがフロントガラスの凍結です.
フロントガラスの凍結の原因は空中にある水蒸気(水分)が車に付着して凍ることで、霜が降りて車のフロントガラスが凍結しているという状態になるからです.
凍結防止ための2つの方法がご紹介します.
第一は車を屋根がある所に車をおいておくことです.
これは一番簡単な方法です.
第二は、フロントガラスにカバーをかけることです.
屋外駐車すると、フロントガラスカバーを使用すればOKです.

ですので、フロントガラスカバーは寒い天気に車の凍結防止に役に立ちます.

2.車内温度を下げる

猛暑日には、車内温度は70度を超えることもあります.
車を直射日光に長時間さらされていると、ハンドルやシフトノブが触れない程、熱くなります.
フロントガラスの日除けカバーは直射日光を車内に入れないということですので、車内温度を下げるのはかなり有効です.

車のフロントカバーはデザイン、耐久性、変色性、操作性の違いによって価格が違います.


車のフロントカバーおすすめ

1.フロントガラス凍結防止シート

冬の寒い朝にフロントガラス凍結防止シートを除けると、一瞬でまっさらなフロントガラスが姿を現すので、外す瞬間が爽快です.
価格も安いし、多く使われます.
けれども、フロントガラス凍結防止シートはデメリットがあります.
初めのうちは取り付けに時間がかかります.どうしてもしわが寄ってしまうので、暗くて寒い外で、きれいに取り付けようと試行錯誤する時間は少々つらいです.
フロントガラスに取り付ける吸盤が、あまり役に立ちません.すぐにつかなくなるので、残念です.

フロントガラス凍結防止シート

2.lanmodo車のフロントカバー

伝統的なフロントガラス凍結防止シートと違って、lanmodoは屋根のように車に置かれます.
車はテントの下にしっかりガイドされます.
Lanmodoは強力な構造を持つし、高品質のテントの布で、凍結防止だけではなく、日よけ、鳥の糞、埃、塵、酸性雨、葉、落下物、雪や雹から愛車を守ることができます.

また、Lanmodoの温度制御システムは暑い日に車を涼しく保つことができ、
暑い日に約35度前後の車内温度にとどめることが可能です.

ワイヤレスカーテントで、付属のリモコンで、自動的にテントを開閉できます.
防風性、耐久性などに優れています.洗濯も安いです.

lanmodo車のフロントカバー

車用のテントだけではなく、キャンプ用テントにも変身できます.
その他に、ビーチパラソル、釣り傘に変身することも簡単です.
テントの布は特別な素材で、ムービー画面としても使えます.
屋外でお気にいりのビデオを楽しめます.

lanmodo車のフロントカバー

もうひとつのおすすめしたいポイントはこのテントは充電器として使えます.
内蔵の充電池はUSBケーブルであなたのデバイスに充電でき、付属のLEDランプを照明になります.
夜の仕事や読書なども楽になります.

そのほかに、盗まれないかなどのご不安が必要がありません.
Lanmodoのテントはダブル盗難防止システムで設計されているんからです.

新しい技術を使うLanmodo車のフロントカバーはぜひ、検討しましょう.

まとめ

今回はフロントガラスにカバーをかけるメリットや2つのフロントガラスカバーについてまとめていきました.

寒い天気と暑い天気にはぜひ、愛車をしっかり保護してください.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.