ホーム > 記事 > カーカバー > 車のボディーカバーおすすめ3選と選び方

車のボディーカバーおすすめとその選び方

Oct 29, 2017, 11:01 pm / 佐藤理恵

ボディカバーをつけるとカバーと車の摩擦で逆に車に傷がついてしまう事もありますが、ボディーカバーは車を鳥糞、太陽光、雪や霜、砂埃、猫の爪痕などから守れます.
ボディーカバーは屋根のない場所に駐車するときの必須グッズです.

その選び方が大事です.

ボディカバーを選ぶポイント

1.車のサイズに合っている

普通のボディカバーでも、高級なボディカバーでも、ボンネット先端、ミラーなど角の部分がこすれて塗装が薄れて
、数か月も経たない内に日光や風雨で硬化してカバーの着脱が困難になり更に車に傷を付けます.

砂やちりが付着していると、カバーをかけた際に車体と擦れて、傷がついてしまいます.

ですから、車にサイズが合っているボディカバーがベストです.
サイズがあっていると、カバー内に風が入り込まないでカバーがあおられないから、ボディに傷をつける可能性や、強風で飛んで行ってしまう可能性もありません.
できるだけ、愛車の専用ボディカバーを選択するほうがいいです.

ボディカバー

2.裏面はやわらかな生地

車体に傷付かないように、ボディカバーの裏面はやわらかな生地のものを購入するほうがいいです.

3.取り付けが簡単

できるだけ、取り付けが簡単なボディカバーを選択するほうがいいです.
頻繁に車を使う方にとって、めんどくさい取り付けから解放できます.

オススメのボディカバー3選

1.SANWU ボディカバー 4層構造 裏起毛タイプ

ボディカバー

駐車時の雨、鳥の糞、霧、ホコリ、大気中のガス等から 愛車のボディーをしっかりガードします!
梅雨の時期の湿気や、酸性雨等の車体を劣化させるのを防ぐ また直射日光による紫外線により塗装変色や太陽光による ダッシュボードの変形等を防いでくれます.
さらに柔らかい感触の裏起毛素材が、強風によるはためきやカバー着脱の際に起きやすい擦傷をしっかりとガード!

2.防水 防塵 超撥水SUV対応 PM2.5 黄砂 対策 ボディカバー

ボディカバー おすすめ

防水 防塵 防紫外線. オールシーズン、365日大切な愛車を守る必需品.
PM2.5や黄砂対策やホコリからも愛車を守り洗車の回数も減らせます!
脱着が簡単.裏地が起毛素材の為、耐摩耗性、耐擦傷性に優れていて愛車を傷から守ります
風飛び防止ストラップ付きで安心♪

3.Lanmodo 車 ボディカバー 設置簡単 車体傷つかない

ボディカバー 車

ワイヤレスリモコンでワンクリック設定できます.開閉は8秒で、全体のインストールする時間が30秒かかります.
女子一人でも簡単に設置できます.
ボディカバーは車のテントに置かれて、車体にぜんぜん傷つかないです.Lanmodoのすべてのシングルタッチポイントは、高品
の柔らかいゴムでできており、車に傷が残ることはありません.
車から鳥の糞、塵、酸性雨、葉、落下物、雪や雹から愛車を守ることができます.

ボディカバーの他に、キャンプテントにもとして使えます.
キャンプテントは7人用の大きさがあります.テントないで、ムービーを見ることもでき、付属のLEDランプで、夜の照明になれます.
テントは充電器として使えます.あなたのデバイスに充電できます.

lanmodo 車 ボディカバー

今回はボディカバーの選ぶポイントと3選の車のボディカバーおすすめを紹介してきました.
車をきれいに長持ちさせる手段として、検討してみてはいかがでしょうか.





Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.