Lanmodo
ホーム > 記事 > 安全運転のヒント >

トラック事故: 怪我が多い理由と予防法

Oct 7, 2019, 9:26 am / 佐藤理恵

高速道路を使っていると、大きなトラックが高スピードで目的地へ向かったり、大量の商品や積荷を遠くへ運んでいるのをよく見ます.普通車と比べてトラックの数が少ないのは事実ですが、多くの場合交通事故はトラックが関わっていることをご存知でしょうか.統計では、トラックは全体の交通量の4%ですが、交通事故の10件に1件はトラックが関係していることがわかっています.

この結果はすこし分かりにくいかもしれませんが、厳しい現実を指摘しています.トラック事故は毎年多発しており、運転中のトラックや、トラックの近くにいる車は、事故に巻き込まれてダメージを負い、最悪死に至る可能性があります.トラック運転手の運転は長時間にわたるため、起きておくために薬やアルコールを使うことが多いのです.そしてそれが事故に繋がります.なぜトラックの事故が多いのかという理由には、他にも次のことが挙げられます.

  1. 一般的に事故は車を適切に操作し、すぐにブレーキを踏むことができる場合にのみ回避できます.しかしトラックの場合、ブレーキが簡単に効かない分少し厄介なのです.これはトラックのサイズに直接関係しており、車体が大きいほどブレーキの効果が弱まるのです.
  2. トラックが他の車を追い越そうとするとき、その車体の大きくなるほど死角多くなり、周囲がはっきり見えません.そのためトラックの多くは経験にまかせて運転しており、少しの誤りが大きな結果に繋がるのです.
  3. トラックの中には商品や積荷を大量に載せ、その結果トラックが驚くほど重くなっていることがあります.ほんの少しバランスを崩したり傾くだけで、大事故につながってしまうのです.

トラック事故を避けるには?

ここでトラックを安全に運転するためのルールをご紹介します.
  1. 道路に出る前に慎重に検査する-どんなダメージでも、後の交通事故を引き起こす可能性があります.しかしこれは道路に出る前にチェックすることで簡単に防ぐことができるでしょう.ブレーキやタイヤのコンディション、ヘッドライト、エンジンオイルなどの検査チェックリストを作りましょう.全ての項目が承認された時のみ、トラックを運転しましょう.
  2. 交通規則に従う-これは自転車や歩行者などにも当てはまりますが、もちろんトラックに関しては特に必要になります.トラックに関する交通事故は他の自動車や歩行者を巻き込むことが多いため、これは何よりも必要なことです.他の車を追い越す際は両サイドを必ず確認し、曲がるときは速度をしっかり落としましょう.これらは運転の際の黄金律で、必ず守らなければなりません.
  3. 車用ナイトビジョンカメラを使う-車載用ナイトビジョンシステムは、近年よくみられる追加機能で、視界の悪いときに運転手も目の代わりになります.トラックの場合、後部は死角になり、運転手はほとんど何も見えなくなります.Lanmodoの720p後方カメラはこのジレンマを解決してくれる完璧なデバイスです.これは後方部に取り付けられる高画質カメラで、ダッシュボードやフロントガラスに設置したディスプレイが720pの画像を映し出し、夜でもはっきりと見ることができます.170°の広角ビューで視界を広げ、事故の確率を大幅に下げることができます.
  4. 過積載を避ける-上記で触れた通り、過積載のトラックは小さな衝撃で転倒してしまう可能性があります.なので荷物を積みすぎていないかしっかり確認しましょう.
  5. 駐車後も確する-トラックを駐車して外に出るとき、位置を確認してみましょう.他の車にとって邪魔になっている可能性があります.

トラック事故は多くの場合命に関わる可能性があり、そうでなくても影響は大きくなります.したがって、交通事故の原因をよく理解し、回避する方法を学ぶことが重要です.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.