ホーム > 記事 > カーテント > 車の屋根に置いたテント

これある?車の屋根に付けた車の保護用のテント

Oct 31, 2017, 3:40 pm / 佐藤理恵

これある?車の屋根に付けた車の保護用のテント

車の屋根に置いたテントなら、車の上にテントを張って宿泊を楽しむルーフテントを考えるのです.

今日は屋根の上に置いた車の保護用のテントをおすすめしたいです.

これはLanmodoカーテントです.

車の上にテント lanmodo

普通の車用カバーと比べて、何のメリットがあるんでしょうか?


Lanmodoカーテントってどんなメリットがあるの?

1.取り付けがすぐく簡単

普通のボディカバーはめんどくさいです.Lanmodoのほうが取り付けが簡単です.
設置手順が3スッテップで完了します.
1.車の屋根に本体を置く
2.吸盤ストッバーを引く→サイドミラーにベルトを固定→後ろのドアハンドルにベルトを固定
3.ワイヤレスリモコンでオープンする

たったの30秒で設置が完了します.また、リモコンは一回充電するだけで、45日間使用できます.
とても便利です.

車の上にテント lanmodo

2.水蒸気が溜まらない

普通のボディカバーを掛けることにより、
蒸発した水蒸気がカバー内に溜まり湿度がとても高くなり全体的に車が傷むというものでした.

Lanmodoはこのような問題がありません.
車の屋根に置かれたままに、車を鳥の糞、雪や雨風、汚れや直射日光から守れます.

3.塗装に傷付かない

普通のボディカバーの裏側の面と車体が接触することにより塗装に傷がつきやすいです.
Lanmodoは吸盤で車体と連結します.サイドミラーと後部座席の取っ手に取り付ける固定ベルトにより強度が増すように設計しました.
使用されているワンタッチポイントは高品質の柔らかいゴムでできているので、車を傷つけることはありません.
普通には、車のサイズによってボディカバーを買う必要があります.
lanmodoは車体と擦れないので、何のサイズの車種にも使用できます.
普通の乗用車から、セダン、ピックアップ、SUV、ジープ、軽自動車など Lanmodo は様々な車種に対応しているマルチタイプです.

4.キャンプテント、タープ、ビーチパラソルに変化

車用グッズだけではなく、付属のスタンドで、キャンプテント、タープやビーチパラソルなどとしても使用することもできます.
USBポートがあるので、テントは充電器としても使えますので、あなたのデバイス(スマホなど)に充電できるし、付属のLedランプを差し込んで、夜の照明になります.

車の上にテント lanmodo

5.屋外劇場も楽しめる

Lanmodo の内側の生地はシルバーコーティングで作られているため、プロジェクターを使用すればテント内での屋外劇場を楽しむことができます.
USB ポートもあるので、電源に困ることもありません.

普通の車用カバーより、車の屋根のテントLanmodoは多くのメリットがあります.
屋根のない駐車場でLanmodoは愛車の保護用のベスト選択です.

ビデオでLanmodoを見ましょう.





Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.