ホーム > 記事 > カーカバー > 自動車のボディカバーを洗う方法について

車のカバーの洗濯する方法をご紹介

Oct 30, 2017, 4:15 pm / 佐藤理恵

お車を保護するために、車庫がない場合に、または屋外に愛車を駐車する場合には、車体にカバーをかける必要があります.
カバーを長く使えば、風雨にさらされたりして、ほこり、鳥の糞などの汚れが表面と裏側に付着し、
見た目がわるいだけではなく、汚れていたボディカバーが逆に、車に傷つけます.

その時には、車のカバーを洗濯したいでしょう.

しかし、そのボディカバーの洗濯方法は何でしょうか?
また、ボディカバーは衣服のように素材によって洗濯方法が違っていますか?

車 ボディカバーの洗濯

ボディカバーの種類ごとに洗い方をご紹介

表面と同じような素材ならばお湯などで湿らせたタオルで拭くことでいいです.

裏起毛タイプのボディカバーの場合は、多少洗剤をつけた方が汚れは落ちやすいですが、
裏起毛部分に洗剤が残らないように、しっかり洗い落とす必要があります.
油やタールなどの汚れはしつこくてブラシでごしごしやっても落ちませんので、買い替えた方が早いです.

ボディカバーは乱暴に洗濯してしまうとその防熱性、防水性、雪・霜対策の機能がなくなる可能性があるかもしれません.
洗濯機やコインランドリーを使用したり、ブラシなどで激しくこすったりせずに、
優しく洗うほうがいいです.
洗剤も、中性洗剤やカーシャンプーなどあまり強くないものを選ぶことがポイントです.

車のボディカバーを洗う手順

ここで、車のボディカバーを洗う手順をご紹介します.

①ボディカバーをかけたまま
ボディカバーをかけたままに洗濯すると、お湯などで湿らせたタオルで優しく拭くだけでいいです.
ボディカバーをかけたままに洗濯すると、車体と擦れるので、キズをつけないようにご注意ください.
かけたままでは洗っているうちに車体と擦れあい、
はずして洗った方が良いです.

②ボディカバーをはずして洗う
まずは、車体からボディカバーをはずします.
次は、タオルや柔らかいスポンジに洗剤をとり、強くこすらずにカバーを優しく洗濯します.
最後に、洗剤が残らないように、洗剤を洗い流し、日に当てて乾燥させて、よく収納させて完了します.

洗濯やすいボディカバーをおすすめ

lanmodo 車 ボディカバーの洗濯

Lanmodo車用ボディカバーは世界初の車の傘で、愛車を太陽、埃、酸性雨、鳥の糞、雪、霜などから保護できます.
テントの布は210dオックスフォードナイロンで作られているので、防水性も高く、水溶性の汚れも簡単に落ちます.
テントの素材は頑丈で、何回でも洗濯しても、その加工が取れてしまいません.
ボディーには擦れが一番の大敵です.洗濯するときに、ボディカバーを掛けたままに、簡単に洗濯できるので、強力おすすめです.

その洗濯する方法をビデオで見ましょう

Lanmodo車用ボディカバーは伝統的なボディカバーと違って、車体に傷つけませんし、取り付けも超簡単です.
女子一人でも簡単に設置できます.

lanmodo 車 ボディカバー 洗う

また、愛車を保護するだけではなく、キャンプテントとしても使えます.

それはテントとタープの一体のキャンプです.使用方法が20種類以上です.
釣り傘、ビーチパラソル、地震時ようの臨時テントとして、幅広く使えます.
最新技術を採用し、テントのスタンドには充電器が付き、あなたのデバイスに充電できます.

lanmodo 車 ボディカバー 洗濯

ここで、車のカバーの洗濯方法や洗濯やすいボディカバーをおすすめしました.
できるだけ、ボディカバーを掛けたり、洗ったり、車体に傷つかないようにご注意ください.





Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.