ホーム > 記事 > カーカバー > 車にボディカバーをかけるメリットとデメリット

ボディカバーは車の為に良いのでしょうか?

Oct 29, 2017, 3:36 pm / 佐藤理恵

車に乗らないときに、雨が降るとドロドロになってしまい掃除が大変です.
また、陽射しを直接受けていれば、それにより塗装表面に細かなひび割れ、傷が付きます.
車を保護するために、ボディカバーをかける方々も多いです.
だが、ボディカバーは使用しないほうが良いと言う人もいます.

ボディカバー

ここで、ボディカバーのメリット・デメリットをご紹介します.


ボディカバーのメリット

1.車を悪天候、悪状況から保護する

車を直射日光、酸性雨、雪や霜、砂埃、夏の暑さ、猫の爪痕や鳥のフンなどからガイドできます.
ボディカバーをつけることで、このような悪影響になる外在要因による劣化を抑えることができます.

2.自動車盗難に遭いにくい

ボディカバーをかけると、車種がわかりませんので、盗難被害が大幅にダウンできます.
また、ボディカバーを着脱することが車泥棒にとってめんどくさいです.こういった被害のターゲットから除外されやすくなります.

3.時間とお金の節約に

カバーをすることにより、洗車の回数が激減します.
夏場は直射日光で車体が温められることを防ぎ、ハンドルが握れるまでに待つする必要がなく、すぐに出かけます.
寒い冬の朝に雪が積もっていても、簡単に払い落とすことができるので、すぐに出勤できます.
結果的に、時間とお金の節約に.更に、快適な環境を保てます.

ボディカバーのデメリット

1.取り付けが非常に面倒

特に、大型車の場合には、サイズが非常に大きくなっています.それゆえに、ひとりで被せるとなると、なかなかに面倒なのです.特に女性にとっては大変な労力になりそうですね.
頻繁に車を使う方にとって、めんどくさいです.

2.水蒸気がカバー内に溜まる

駐車している場所はよく水溜りになっていたりします.カバーを掛けることにより、
蒸発した水蒸気がカバー内に溜まり湿度がとても高くなり全体的に車が傷むというものでした.

3.塗装に傷がつきやすい

車体カバーの裏側の面と車体が接触することにより塗装に傷がつきやすいです.
カバーをかけた際に車体と擦れて、逆に傷がついてしまう恐れがあるからです.

それで一長一短があります.デメリットについて、解決策もあります.
それはLanmodo車用ボディカバーです.

第一.取り付けが超簡単

step1.「Lanmodo」を屋根の上に乗せてレバーを引いて「Lanmodo」の底面に付いている吸盤と車体に吸着させる
step2.付属のリモコンを使って「Lanmodo」を開く
step3.ドアで盗難防止用ロープを挟み込む
step4.ベルトをドアミラーに引っ掛ける
step5.ベルトをドアハンドルに引っ掛ける
リモートコントロールで自動で折り畳みが可能です.展開時には8秒しかかからないで、インストールプロセス全体で30秒で完了できます.
女子一人でもすばやく簡単に設置できます.

ボディカバー lanmodo

第二.傘のように車をガイド

Lanmodoは強力な構造を持つし、高品質のテントの布で、直射日光、鳥の糞、塵、酸性雨、葉、落下物、雪や雹から愛車を守ることができます.

第三.Lanmodoは車に傷付かない

Lanmodoのすべてのシングルタッチポイントは、高品
の柔らかいゴムでできており、車に傷が残ることはありません.

第四.キャンプテントやムービー画面として使える

lanmodoは車用ボディカバーだけではなく、キャンプテントとして使えます.
テントの布は特別な素材で、ムービー画面として使えます.

ボディカバー lanmodo

まとめ

ここで、ボディカバーのメリットとデメリットとデメリットの解決策をご紹介します.
要するに、車にボディカバーをかけるほうがいいと思います.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.