ホーム > 記事 > カーキャノピー > lanmodo 屋外キャノピーテント

ご愛車のために屋外キャノピーテントを取得する必要がある

Sep 27, 2017, 4:51 pm / 佐藤理恵

ほとんどのケースには、ご愛車が落下物に直面していることを防止するが可能ではないけれども、あなたはその悪い影響からそれを保護できます.それは氷点下または90度の外にあるかどうか、あなたの車のいくつかの部分は脆弱いくつかのわずかな損害は基本的に避けられないが、それはあなたの自動車の潜在的危害を減少させる保護措置を活用してはならないわけではありません. 屋外テントキャノピー は、この問題の解決策かもしれない!


これからはテントの天蓋を始める前に、何が最も危険な要素であり、どのようにあなたの車に影響を与える見てみましょう.

熱および紫外線損傷

車のサンシェードテントはあなたの車を保護する 日差しはほとんどの人を幸せにしていますが、それは車にいくつかの悪い結果をもたらします. したがって、太陽の露出時間が長くなると、車の塗装作業に悪影響を及ぼし、車の表面に気泡、はがれ、またはチップが発生する可能性があります. 紫外線はあなたの車のペイントやメカニカルに影響を与えるだけでなく、車の内装にも害を及ぼすことがあります.

素晴らしい降雨があなたの車を洗い流すと思うかもしれません. 違う! それはちょうどあなたの車をより汚くします. 雨にはさまざまな汚染物質や元素が含まれているからです. 水が蒸発すると、悪いものはすべてあなたの車に残されます.自動車の日よけテントは雨から車を守るこれは、特に雨滴に大量の汚染物質、いわゆる酸性雨が含まれている場合、車の仕上げに大きな損害を与える可能性があります. これは磨耗を永続的に発生させることがあり、酸によって引き起こされる傷は磨かれない.車の外装が損傷するだけでなく、水がエンジンに手を差し伸べて、電装システムに深刻な問題を引き起こす可能性があります.

雪と氷

自動車の車の避難所は氷と雪から車を守る 雪は、車の仕上げの面で雨と同じような外装の損傷を引き起こす可能性があります.それは車の特定の体の損傷を引き起こすので、ハード氷はさらに危険です.溶ける雪は錆で頻繁に起因し、錆を扱わなければ、それは車のボディのひびそして穴のようなある厳しい損傷をすることを行っています.

鳥のふんやがれき

鳥の糞や瓦礫から車を守る

天気の要素に加えて、鳥の糞や破片もあなたの車に悪影響を与えます. 鳥の糞はあなたの車の塗装作業を刻む尿酸と混ざります. 反対側では、樹木からの破片(樹液、枝、果実、ナッツなど)も車の表面に損傷を与えます.



上記の要素以外にも、雹、強風、ほこり、くぼみなど、他の多くの危険があります.


幸いにも、あなたは屋外テント の下であなたの車を貯えることによってこれらの損傷を防ぐことができるます.大型屋外テント屋外イベントテントなど、屋外テントにはさまざまな種類があります. . これらのテントのほとんどは、金属製の構造が付属しています, しかし、セットアップし、インストールが容易であるインフレータブル屋外テントもあります.屋外のテントおよび天蓋があなたの車のためのよい保護を提供する間、それらの1つの大きい問題がある.彼らはかさばるし、多くのスペースを取るので、あなたはどこに行くと、それらを運ぶことはできません.このような屋外テントに代わるものはありますか?はい、それはポータブルカーテンです.

この自動車のテントは、あらゆる種類の要素からあなたの車を保護するポータブル傘として機能します.夏の間、この革新的なアウトドアキャノピーテントあなたの車のために広く使用することができます.それは日光を吸収し、車を涼しく保つように.熱の大半は陰のために荒んでいる.内部温度は36度と低くなります.熱はこの傘が保護を提供する唯一の事ではない.それはまた雪、塵、残骸および鳥の沈殿物に対して保護を提供するのでまたあなたの車を常にきれい、光沢があるように見るのを助けることができる.


傘の標準発行サイズは6.89×13.12フィート(2100mm×3500mm)です. ここでの良いことは、このサイズは固定されておらず、クライアントのニーズに応じてサイズを変更できることです. 傘には4種類の色があり、お客様はさまざまな選択肢から選択することができます.


傘は耐傷性のある素材で作られているため、耐損傷性があります. この傘の生産に入る主なコンポーネントは、タフで耐久性のあるTPU(熱可塑性ポリウレタン)です. このコンポーネントはまた、非常に軽量で、約13ポンドの重量を維持するのに役立ちます. それはあなたが行くどこにでも簡単に運ぶことができる車の傘を確実にします.





Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.