Lanmodo
ホーム > 記事 > カーシェルター >

電気自動車: 長所と短所、メンテナンス方法について

Feb 11, 2019, 7:40 pm / 佐藤理恵

電気自動車は誕生してからというもの、日々技術の進歩を遂げています.そして、日を追うごとに人気も高まってきています.しかし中にはガソリン車を手放して電気自動車に切り替えることをためらっているドライバーもいます.電気自動車に対する正しい知識を学んでいないためです.確かに欠点もありますが、所有することで得られる大きなメリットは見過ごすことができません.以下に、電気自動車の長所と短所、そして電気自動車メンテナンス方法について紹介します.


電気自動車の長所

電気自動車の長所は一目瞭然です.長い目でみた際にお金がかからずに済む、というだけではなく整備を依頼する回数が大幅に少なくなります.しかし、まだそれだけではありません.長所に関するリストをご覧ください.

  1. 環境にやさしい

多くの人が電気自動車を購入する主な理由は、母なる大地である地球に害を及ぼさないためです.電気自動車には排気システムがないので、有害なガスを排出しません.このような環境にやさしい車に切り替えることは、地球上のあらゆる生き物にとって良いことです.

  1. メンテナンスにお金がかからない

電気自動車は電気で動くので、燃焼エンジンに関連するメンテナンスについて心配する必要がありません.電気自動車に使用されているブレーキは、従来の自動車のように簡単に消耗することはありません.そのうえ電気自動車にすると、あなたがガソリンに使っていた総費用の3分の1の費用で済むでしょう.電気はガソリンよりもずっと安いです.
/

  1. 騒音がない

ラッシュアワーに走行する車には、誰もが悩まされます.従来の自動車が出す騒音がどのようなものか、言わなくともわかるでしょう.それに引き換え電気自動車はそのような音を全く出しません.


電気自動車の短所

完璧なものなど何処にもありません.それは、電気自動車においても言えることです.電気自動車を購入する前に、短所について知っておきましょう.

  1. 走行距離が短い

これは注目すべき深刻な問題です.フル充電された電気自動車でもたったの100マイル(およそ160km)しか進むことができません.現在、300マイル(約483km)進むことのできるモデルがほんのいくつか出ていますが、それでもガソリン車に比べて間違いなく走行距離は短いです.

  1. 充電に時間がかかる

車にガソリンを補給するのは、ほんのわずかな時間で済みますが、電気自動車を充電するには、かなりの時間がかかります.完全に充電するのに20時間もかかる電気自動車さえあります.

  1. 値段が高い

もし今まで電気自動車の価格を一度も見たことがなければ、この最先端技術には多くのお金が必要だということを知っておいてください.それほど趣向を凝らしていないモデルでさえ、あなたの財布の紐を緩めなくてはなりません.技術がさらに進化し電気自動車の製造コストが下がらない限り、しばらくは高価格が続くでしょう.


電気自動車のメンテナンスにおける適切なガイダンス

電気自動車はガソリン発電機なしで作動するので、ガソリン車に比べメンテナンスがほとんど必要ありません.回生ブレーキシステムであったり、可動部が少なく液量も少ないなどの理由から、それらにかかるメンテナンスは不要です.とは言っても、電気自動車の状態を維持するために知っておくべきメンテナンス方法がいくつかありますので紹介します.

  1. ブレーキとタイヤの手入れ

パフォーマンスを上げるためにも、年に2回はブレーキシステムの念入りなメンテナンスをしたほうがいいでしょう.製造元の説明書に記載されているガイドラインに従ってください.タイヤの寿命を延ばすことにも繋がります.

  1. バッテリーシステムの交換

電気自動車のバッテリーシステムは、メンテナンスがより必要になります.バッテリーパックの寿命には限りがあり、時間の経過と共に効力が低下します.長い間、電気自動車を所持している場合は、バッテリーを交換する必要があります.

  1. 外装のメンテナンス

最新技術の電気自動車を手に入れたら、綺麗で魅力的な状態をできるだけ維持することが大切です.Lanmodo自動カーシェルターは、あなたの愛車を守るのに最適な商品です.使い方も簡単で時間もかかりません.リモコン操作ひとつで、いつでもどこでもあなたの愛車を守ります.Lanmodoカーシェルターは何処へでも簡単に携帯することができます.氷点下の中でも灼熱の太陽の下でも、Lanmodoポータブルシェルターは電気自動車を安全に保護します.最新の車を手に入れたら、そのまま放置せず、あなたの愛車を傷や劣化から守るよう対策しましょう.Lanmodoの製品はそれを可能にします.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.