ホーム > 記事 > カーカバー > 車の雪・凍結対策グッズLanmodoフロントガラスカバー

雪・凍結対策に買っておくべきフロントガラスカバー

Nov 10, 2017, 3:05 pm / 佐藤理恵

寒い冬には、愛車のフロントガラスや窓が凍って困ります.雪や凍結対策は大事です.
雪国など豪雪地帯はもちろん、雪は年に2,3日降る程度なので、毎朝凍結していまいます.この時に、フロントガラスの凍結と積雪で、出かけようと思っても、すぐに出かけられないです.

対応はできるんですが、時間がかかるし、寒いです.先にカバーをしておけばいいではないですか?

今日は、Lanmodoフロントガラスカバーをおすすめします.

伝統的なカバーと違って、Lanmodoカーフロントカバーはワイヤレスで開閉の車用グッズです.
携帯用にデザインされ数秒で設置、リモートコントロールで自動で折り畳みが可能です.すばやく簡単に設置できます.

Lanmodoフロントガラスカバー

雪・凍結防止のLanmodoフロントガラスカバーは強く、ソフトな吸盤で愛車に固定することで、愛車に傷がつかないです.
伝統なカバーは掛ける時の摩擦、風でカバーがずれるたびに傷がつきやすいです.
また、雨雪天気に、雨が降った後に陽が照ると、雨水が蒸発して 上昇します.
そこで車にカバーを掛けていると、上昇した水蒸気は逃げ場を失い、車全体の湿度が上がります.
思わぬ錆の元になりますし、電気系のトラブルも発生する可能性が高くなります.

Lanmodoはこのような問題がありません.「Lanmodo」は電動で開閉するジャンプ傘の様なもので、
広げた時の大きさは3.5m×2.1mで、ボンネットからリアルーフまで覆う事ができます.
Lanmodo雪・凍結防止カバー Lanmodoフロントガラスカバーの吸盤はソフトな素材で、取り外し後に吸盤の跡が残りません.塗装を取れる場合もありません.

Lanmodoのフロント自動者カバーの布は210dオックスフォードナイロンで作られているので、防水性もすごいです.撥水・防水加工なので雨などは弾いてくれます.
伝統的なボディーカバーは長期間の使用で水分が浸透し、凍結によるダメージは否定できません.

Lanmodoフロント自動者カバーの構造は、風の強い天候、落下物や雹に耐えるのに十分な強度になるように強化グラスファイバー製です.

そのほかに、熱、雨、鳥のフン、黄砂、キズ、潮風などから愛車をガイドできます.
汎用性のあるデザインでほぼすべての車種に対応できます.
軽いので女性にも扱いやすくなっています!
愛車をカバーするだけではなく、ビーチパラソル、釣り傘やLEDキャンプテントへ変身できます.使い方が20以上です.

冬を迎えるには、愛車のために、Lanmodo雪・凍結防止カバーを強力おすすめします.

Lanmodo凍結カバー




Copyright © lanmodo.jp   All Rights Reserved.