Lanmodo
ホーム > 記事 > Lanmodoナイトビジョンシステム >

雨の日に安全運転するための5つのヒント

Mar 11, 2019, 3:34 pm / 佐藤理恵

雨の中を運転することは、多くのドライバーにとって不快なものです.色々なことが起こります.時には道に迷うこともありますし、迷った先で助けを求めることも容易ではありません.一般的に自動車事故は雨の日に多く起こります.それは、ドライバーが路上をよくみることができないからです.ただし、交通規則を守り、次に紹介するヒントに気をつけていれば、問題を最小限に抑えることができます.


雨の中運転するときは常にヘッドライトをつけるようにしましょう

運転中にヘッドライトをつけると、雨の中でも路上がハッキリと見え、道路上の危険を避けることができます.見知らぬ土地を運転しているときには特に重要なポイントです.一部の道路上には減速帯が設置してあり、雨の日にスピードを出して走ると致命的な事故を引き起こす可能性があります.また、ヘッドライトをつけることによって、よく見えるだけでなく他の車からもあなたの車がよく見えるようになるので、対向車との正面衝突を避けることができます.


大型車に注意しましょう

特に雨の中を走行するときは、大型車に近づきすぎないように注意しましょう.大型車のせいで視界が妨げられ、前方がよく見えないことがあります.また、坂道を走行している際は、大型車に近づきすぎると致命的な事故を引き起こす可能性があり危険です.大型車は坂道をのぼるときに後退する傾向があるため、近づきすぎると衝突される可能性があります.大型車との間には十分な車間距離をとるようにしましょう.スピードが遅すぎると感じたときは、広い道路に出るまで待ってから追い越してください.その際、道路上に危険がないかどうかよく確認してから追い越すようにしましょう.


フロントガラスは常に綺麗に保ちクリアに見えるようにしておきましょう

,p >常にワイパーを使用してフロントガラスの雨や水分を取り除き、はっきりと見える状態にしておきましょう.通常、雨の日はフロントガラスには霧がかかり、視界がぼやけます.運転中はワイパーを動かしたままにしておき、霧や雨水を取り除くことが大切です.そうすることによって視界もよくなります.その際、ワイパーの品質が衰えていないかどうか確認することが非常に重要です.運転前に毎回チェックするようにしましょう.


ハイドロプレーニング現象に気をつけましょう

雨の日の道路は滑りやすくなっています.ですから、走行速度に注意することが大切です.特に、右折時や左折時にはスピードを十分、落とすようにしましょう.曲がるときは急ブレーキをかけないようにしてください.直線道路上でスピードを落としてから曲がるのが最善です.道路を利用しているのはあなただけではないということを認識しておく必要があります.他のドライバーが次の瞬間、どのような運転をするか常に予測することは不可能です.ですから、どんな事態にも対処できるよう適正な速度を維持して運転するように心がけましょう.


ナイトビジョン(暗視装置を利用しましょう

運転中、路上がはっきりと見えない場合はナイトビジョンを入手することをお勧めします.このナイトビジョン装置は、特に夜間や雨天時においてドライバーが路上をより明瞭に捉えて安全に運転できるよう設計されています.


Lanmodoは、あなたの運転をより快適にする高品質のナイトビジョンを提供しています.Lanmodoの自動車用ナイトビジョンシステムは、雨天時にも最適に機能することがテストにより証明されています.大画面に表示される画像は1080Pの高画質です.フルカラーで、通常のダッシュボードに取り付けられているモノクロ画像のものとは遥かに異なります.この格別に優れた自動車用アシスタントシステムを使用することにより、視界が広がり路上状況を事前に把握できるようになります.事故を未然に防ぐ予防策として最適のシステムです.


雨の日の運転は、場合によって非常に難しいときがあります.しかし、予防するなど注意をはらうことにより危険性を低くすることができます.上記で強調して紹介した箇所は、雨天時の安全運転に特に役立つ情報です.





版権 © lanmodo.jp   全著作権所有.